AndroidやiOS、PCやネットのちょっとした情報めも

不要な広告をブロックして表示速度をアップさせるブラウザの拡張機能「uBlock Origin」

公開日 2015年6月16日更新日 2017年4月11日カテゴリー スマホ関連, パソコン関連

[ad#ads]
「uBlock Origin」は広告、マルウェア、行動追跡などをブロックする広告ブロッカーです。

不要な情報をカットすることでブラウザの読み込む容量も減るのでWebページの表示速度も速くなって一石二鳥。

uBlock制作者のオリジナル版「uBlock Origin」と派生版の「uBlock」がありますが、派生版のやり方のこともあるので、よく分からなければオリジナル版uBlock Originでいいと思います。

スマホにもFirefoxのアドオンであります。

不要な広告がブロックされるのはいいのですが、必要なサイトの一部メニューが表示されなくなったり、imacrosが動作しなくなったりすることもあるので確認を忘れずに。

他の広告ブロッカーでは「Adblock Plus」が有名で、android版アプリもありますがuBlock Originと比べるとCPUとメモリ消費量が大きくて重く、また一部の広告をわざとブロックしないことがある。

タグ: , , , ,
こちらの記事もオススメです
« 前の記事
次の記事 »

TOPへ
戻る