AndroidやiOS、PCやネットのちょっとした情報めも

WordPressのインストールから初期設定まで

公開日 2018年9月23日更新日 2019年9月22日カテゴリー WordPress

レンタルサーバーを利用している場合、レンタルサーバーによってはWordPressなどのCMSを簡単にインストールできるサービスを行っているところがあるので、そういったサービスがあるならそちらでインストールするのが簡単です。

ただし、快適に動作するよう一部の設定でレンタルサーバー独自のカスタマイズが施されていることがあり、他のサーバーに移し替えるときには若干修正が必要なときもあります。

WordPressのインストール

  1. まずは公式ローカルサイトのdownloadページからWordPressをダウンロード。
  2. wordpress-○.○.○-ja.zipを7-zipなどのアーカイブソフトで解凍し、解凍してできたwordpressフォルダの中身だけをFTPソフトでサーバーへアップロードします。
  3. 複数のサイトを一つのサーバーで運用する場合はフォルダごとアップして、パーミッションを705にし、サーバー側でトップページを https://○○○.com/wordpress に設定します。フォルダのwordpressは必要に応じて事前に名前を変更します。
  4. Webブラウザでhttps://○○○.com/ (複数運用の場合はhttps://○○○.com/wordpress/)にアクセスし、「設定ファイルを作成する」をクリック。
  5. 「さあ、始めましょう!」をクリック。
  6. 利用しているサーバーのサイトでデーターベース情報を確認してデータベース情報を入力をします。
  7. 「インストール実行」をクリックします。
  8. 「ようこそ」のタイトルが表示された画面でサイトのサイトのタイトル、ユーザー名、ログイン用のパスワード、メールアドレスを入力し、「WordPressをインストール」をクリック。

「成功しました!」と表示されればインストール成功です。

WordPressの初期設定

  1. 「成功しました!」と表示された画面下の「ログイン」をクリックし、先程登録したユーザー名、パスワードを入力してログインします。通常時は https://○○○.com/wp-login.php からログイン画面を表示させてログインします。
  2. 「ダッシュボード」画面左にあるメニューから「外観」→「テーマ」を選択します。
  3. 表示するテーマを選び、有効化をクリック。使用したいテーマを別で用意した場合は事前にFTPソフトで/wp-content/themesフォルダ内にアップロードします。
  4. 「ダッシュボード」画面左にあるメニューから「プラグイン」を選択します。
  5. マルチバイト文字の不具合を修正するプラグイン WP Multibyte Patch を有効化します。

他にもメニューの「設定」から表示設定や「投稿」→「カテゴリー」でカテゴリー設定、「外観」→「メニュー」で表示するメニューの設定など環境にあわせて設定をすれば完成です。

あとは投稿したり、固定ページを作成してコンテンツを充実させてください。

タグ: ,
こちらの記事もオススメです
« 前の記事
次の記事 »

TOPへ
戻る