AndroidやiOS、PCやネットのちょっとした情報めも

.NET Frameworkについて

公開日 2014年3月30日更新日 2017年4月6日カテゴリー プログラム

.NET Frameworkは.NET環境で作成したアプリケーション(CDBurnerXPHandBrakeなど)を使用するのに必要なランタイムライブラリで、1.0/1.1/2.0/3.0/3.5/4/4.5の7種類のバージョンがあり、使用するWindows OSによってはすでに組み込まれているバージョンがある。また、使用するWindows OSによってはインストールできないバージョンもある。

.NET Frameworkには下位交互のバージョンがあり、3.0なら2.0が含まれ、3.5なら2.0と3.0が含まれ、4.5なら4.0が含まれる。

Windows XPには.NET Framework は入っていないので個別に必要なバージョンの.NET Frameworkをインストールする必要があるが.NET Framework 4.5には対応してない。

Windows Vistaには.NET Framework 2.0を含む.NET Framework 3.0が既に入っており、.NET Framework 1.0には非対応。

Windows 7には.NET Framework 2.0/3.0を含む.NET Framework 3.5が既に入っており、.NET Framework 1.0(1.1)には非対応。

Windows 8には.NET Framework 4.5が既に入っており、.NET Framework 3.5も入ってはいるが3.5はデフォルトで有効になってないので必要ならコントロールパネル → プログラムと機能 → Windowsの機能の有効化または無効化 から有効にする(インターネット接続が必要)。あと、.NET Framework 1.0(1.1)には非対応。

タグ: ,
こちらの記事もオススメです
« 前の記事
次の記事 »

TOPへ
戻る